メインは京大受験体験記 ほぼ独学で京大に受かる参考書レビューなど 
 
京大生活100はリンクフリーです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この世をば (上)
この世をば (下)

古文の書かれた時代背景、特に平安時代のことを知るために
歴史小説「この世をば」を愛読していました。
藤原道長を主人公とした読みやすい小説です。
例えばお笑いであっても、その国の文化であったり時代の背景が分からないとちっとも面白くありません。
何事も基礎知識がないと興味が湧いてこないものです。

古典文学もおそらく同じで、背景にある基礎知識をおさえることで
興味をもつようになりますし、結果的に勉強がはかどったのだと思います。
スポンサーサイト
おすすめ
受験化学を極めるための一冊!
理系白書 この国を静かに支える人たち
理系白書 /講談社
価格:¥600
文・理系問わずオススメ! 
文系の方は、理系人の 
意外な一面に触れて下さい。 
理系の方は将来進むべき道の 
ヒントを得られることでしょう。 
英文法の基礎はこれ一冊でOK!
京都大学 日本一周バイクツーリングに行こうよ

相互リンクPRO
相互リンクNAVI
相互リンクなら相互リンクサーフ!
@相互リンク
ネット証券@オンライントレード
新築マンション、分譲マンション
相互リンクの知恵
相互リンクドクター!アクセスアップ
ブログランキング
rakutenn
日本一周バイクツーリングに行こうよ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyotou.blog81.fc2.com/tb.php/65-5368d557
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。