メインは京大受験体験記 ほぼ独学で京大に受かる参考書レビューなど 
 
京大生活100はリンクフリーです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京大生活100


京大受験生や京大生の方々ために何か有用な情報を
提供できないかという観点の下に開設されました。

京大生になるために或いは充実した京大生活を送るために
受験参考書、食堂、全学共通科目(パンキョー)の情報
京大関連のLinkなどを充実させていこうと考えています。
現在のところは京大受験体験記がメインになっています。

どうにか皆さんの役に立つことが出来れば幸いです。
なお相互リンク大歓迎ですので気軽にお申し出ください。

管理人・たか




バイクツーリングに行こうよ
スポンサーサイト
京都大学
京都大学工学部
工業化学科・・・工化の休講情報や時間割などはこちらから
京都大学試験対策委員会・・・全学共通科目の情報満載。
京都大学図書館機構・・・開館日のチェック。蔵書検索もあり。
kyoto-u.com・・・ある意味裏情報の宝庫かも


京大生活100・サイトマップ














相互リンクNAVI
相互リンクaction
互リンクactionはSEO 対策・アクセスアップの相互リンク集です。完全無料。相互リンクactionに登録してアクセスアップを!!
受験生ネット・・・受験生のための総合情報コミュニティ。
相互リンク.com・・・カテゴリー別にわけた相互リンクサイトです。相互リンクも随時募集中です。
相互リンクstation・・・カテゴリ別に様々なサイトを紹介しています。相互リンク大募集中です。
相互リンクPowerSEO 対策(検索エンジン最適化)とアクセスアップは相互リンクPowerで!完全無料の相互リンク集にサイト登録してアクセスアップを目指そう。
相互リンクSEOでアクセスアップ
100万人が集まるホームページ
ドットコムの仲間やん相互リンク
情報サイト【 Linkdoor 】
相互リンク網
宣伝宣言
厳選相互リンクSEO
京大受験体験記 その0-高2 きっかけ-

小中高と地元の公立高校に進み、受験とはおよそ無縁であった管理人
高2の始めまでは何となく、「大学も近くの学校に進学するんだろうな」と、ぼんやり考えていました。

そんなある日、私の脳天をハンマーで叩き割るごとく、塾講師の強烈な一言
「お前、京大いけるで」

アウトローな地元で、大学受験なぞ真剣に考えていなかった私は、
「えっ、京大てあの京大ですか?僕がほんまに京大行けるんですか?行きたいです!」
と、速攻で洗脳を受けてしまいました。笑

もちろんそれだけで京大受験を決めたわけではなく
その後の情報収集で京大の自由な学風にひかれた事が
一番の大きな要因だったと思います。

それからというもの
私は勉強の鬼と化しました。
その3年後、信じられないことに私は京大生になっていました。



(その1)へつづく・・・






京大受験体験記
でもご紹介した定番のチョイスシリーズです。
これらの問題集を真横から見てみると
問題部分よりも解説部分の方が分厚くなっています。
それだけに丁寧で詳しい解説が掲載されており、独学派にも優しい参考書といえます。
レベル的には学校の授業~難関大受験の橋渡し的な存在です。
やり込むほどに入試数学のパターンが掴めてくるでしょう。
高2~高3前半までにかけて絶対おススメです。

チョイスシリーズは入試の基礎を網羅しており、
京大受験のみならず幅広い大学の入試対策として使えます。
関西圏の大学でいうと、チョイスさえしっかりやれば
大阪市立大学入試や神戸大入試(理系)には
十分対応できる力が付くと思います。

京大受験体験記に登場の「大学への数学」
そろそろ本格的な入試問題を解いてみようという方におススメ。
京大入試でも「大数」から類題がたびたび出題されています。
私は高3の5月頃から始めました。

問題は高校数学の本質を問うものや
入試特有のテクニカルな部分までカバーしています。

解説もかなり詳しく別解も豊富です。
解説には某有名予備校Sの講師などが参加しており
そういった意味でも、高いクオリティを誇っています。
時間のない方は「日々の演習」だけでも
記憶してしまうくらいまでやり込めば効果大と思われます。

ただ本誌は月刊誌であるので、1ヶ月に1冊ずつ集めていくのでは
入試の日になっても1年分揃いません。
高校生にとっては少々痛い出費でしたが、
高3の春に前年度のバックナンバー12冊を一気にそろえました。

京大受験体験記に登場した大学入試攻略数学問題集。
内容そのものはセンター前~二次試験までの
総仕上げ用問題集として構成されています。
(全て前年度の入試問題から抽出されている)

解説の丁寧さという点において、チョイスと同様にクオリティが高いです。
問題自体もそれほど難問奇問は見当たらず、むしろ易しめの問題で構成されています。
特に二次直前時期においては、奇問に取り組んで自信喪失することがあってはいけません。
落とせない問題を確実に取るための最終調整用として強くお勧めします。


京大受験体験記に登場した「入試の軌跡」です。
ただの過去問集…ではなく、その解答・解説を「大学への数学」
編集部が手がけており、別解豊富。
京大生の多くが受験生時代に使用していたのではないかと思います。

また学部・学科別に、編集部が明確な目標点を設定してくれているのも
ただの過去問集とは一線を画す所です(文系学部にも対応しています)


京大受験体験記に登場した超定番の「重要問題集」。
「化学はこれしかやってない」という京大生もいるくらいです。
とにかく問題数をこなして体に「化学」を教え込ませる一冊。
私はセンター対策用と二次に向けた基礎固め用に使っていました。

問題数は多いですがそれだけに重要なテーマはもれなく網羅しているので
化学の問題演習をこれから始めようという方は、
この重要問題集から手をつけるのが間違いないと思います。



有機化学の定番演習書。
これをしっかりやれば京大の有機化学は満点取れるくらいの実力がつきます。
その上ほぼ毎年、京大の化学の入試問題の半分は
有機化学の分野から出題されるので相当なadvantageになります。

章末問題はやらなくても大丈夫です。
1問1問が厳選されている「有機化学演習(駿台文庫)」で
時間をかけずに効率よく京大化学を征しましょう。


化学全般の辞書引き的な存在。
大学入試範囲の化学の内容は全て網羅してあります。
教科書代わりにぜひ持っておきたい一冊だと思います。

京大受験体験記に登場した「化学の発想法」。
「暗記化学」の呪縛から解き放ってくれた一冊。
高2の1学期の頃までに暗記科目としての化学の学習に相当飽き飽きしていました。
しかしこの「化学の発想法」に書かれてあるロジックに出会って、
背筋がぶるっと来るような思いをしました。
その上、口語調で書かれており、読み物の様にサクサク読み進めることができます。

ちなみにこの「化学の発想法」は後述の「新理系の化学」を読むための
基礎的な考え方を与えてくれているので
新理系の化学」を読み進めて行きたい方は、まず「化学の発想法」で
「化学の脳トレ」をするとかなり効率が上がります。

僕はこの「発想法」→「新理系」の流れで化学の鬼と化しました。笑

追記:この本に出会わなければ、化学系の学科に進学していなかったでしょうし
   ましてや化学メーカーの研究所に就職することもなかったでしょう。



京大受験体験記に登場した「新理系の化学 上下巻」。
かなり高度な内容です。
既に高校化学の領域を超えて、大学の教養レベルに達しています。

とは言え決して大学入試をないがしろにしてるわけではないんです。
著者の石川氏が某予備校S台で担当している「京大化学」の講義で
用いるテキストにすごく近い内容なんです。

京大入試が大好きな化学平衡(特に酸・塩基平衡)の問題など、
誘導なしでもサクサク計算できるようにまでなってしまいました。
実は京大化学は、大学で学習する内容に対して
誘導を与える事で高校生にも解けるように作成されていたりします。

また無機化学の系統図はめちゃくちゃ役に立ちます。
かなり系統立てられて書かれているので、一見単独バラバラの
暗記物と思われがちな無機の負担も一気に軽減します。
無機に関してはド暗記に優れている「照○式」なども試しましたが
やはり、新理系の面白さに敵わず一瞬で挫折しました。
※暗記物が大嫌いな私には合わなかったようです

有機化学も電子の移動による反応機構まで記述されていて
化学好きには堪らない一冊です。

師は予備校でも「京大化学」の講座を担当しており
更に自身も京大工学部の化学系出身ということから
理系の京大受験生必須のバイブルといっても過言ではありません。



これから物理の勉強を始めるなら「重要問題集」
いわゆる難問はあまりありませんが
京大物理なら「重要問題集」だけでも結構いけます。
物理に関しては重要問題集だけで受かったという京大生もいるくらいです。

重要問題集ベースで京大過去問を解くと7割程度とれました。
しかし重要問題集だけだと、数年に一度訪れる難化年の京大物理には対応できません。

そういった時にも対応できる力をつけたいならば
やはり後述の「難問題の系統とその解き方」あたりで
難問対策をきちっとすべきでしょう。

難関大受験生には有名な通称「難系」です。
重要問題集で物足りなくなったら手をつけるべきでしょう。

問題はかなりガッツのあるものが多いです。
問題を一つ一つ完璧に解けるようにするというものではなく
一種の物理的センスを磨くものだとお考えください。

重要問題集」でしっかり基礎固め
同時に「難問題の系統とその解き方」で難問対策!
このどちらかでも疎かにすべきではないと思います。

京大の友人の一人に「難問題の系統とその解き方」マニアがいたんですが
彼は本番の試験でほぼ満点取れたそうです。
(※その年は京大物理難化年で、多くの人が5割に届いていなかった)

河合塾物理科執筆の「物理教室」です。
こういった辞書引き用は何でもいいので
必ず1冊は持っておきたいところです。
なかでも「物理教室」が気にいってました。

というのも、微分方程式を用いたややアドバンスな公式証明なども掲載されており、
単なる辞書引き以上に楽しめる工夫がなされているからです。






京大生活100・サイトマップ

理系白書 この国を静かに支える人たち 理系白書 この国を静かに支える人たち
毎日新聞社科学環境部 (2006/06/15)
講談社

この商品の詳細を見る

青色LEDの中村先生の事例などにも触れて
理系研究室や理系の職場での現状にメスを入れた一冊。
将来、理系の研究室或いは企業に進もうとお考えの方は
是非一度読んでみてください。
そして、今はぼんやりとしているであろう理系人の在り方を知って下さい。
ちなみに友人の一人がかなりこの本に洗脳されてました。笑




ハート基礎有機化学 ハート基礎有機化学
ハロルド ハート、デービッド・J. ハート 他 (2002/12)
培風館

この商品の詳細を見る

京大工学部の化学系学科で1回生時に用いるテキスト。
京大実戦模試などの解説冊子で「シス、トランス付加」など
高校の範囲外の用語が飛び交うことがありますが、
そんな時にも対応できる一冊となっています。
(内容は割と平易です)
反応機構が詳しく載っていますし「受験学習」というより「知的探求」のために
一冊持っておいても損はないでしょう。

ただ大学で使う有機化学のテキストとしても結構マニアックなので
大きい本屋でも取り寄せになる可能性大です。
或いは京大生協なら常に置いてあると思います。





術語集―気になることば 術語集―気になることば
中村 雄二郎 (1984/09)
岩波書店

この商品の詳細を見る
術語集〈2〉 術語集〈2〉
中村 雄二郎 (1997/05)
岩波書店

この商品の詳細を見る


悪、複雑系、オートポイエーシス、人工知能などの
現代を解くキーワードを解説した著、、ということですが
むしろ哲学者としての中村氏の主張であり
なんとかこれらのtermを定義しようと苦心している姿がうかがえます。
(結局答えが与えられないこともしばしば)

それだけに読む側も随分と考えさせられます。
管理人は心地よい頭の疲労が得られました。
今でも電車で読み返すことがよくあります。

著者が哲学者なだけに、哲学書っぽい感じになっているので
哲学好きな人は結構はまるのではないでしょうか。



京大生活100・サイトマップ




京大生活100・サイトマップ



全学共通科目情報
最新情報は必ずKULASISを確認してください!



工学部工業化学科専門科目
今のところテキスト情報のみとなってます


top





京大生活100・サイトマップ


INDEX
A群科目(人文系)
├哲学基礎論Ⅰ・Ⅱ
├社会学基礎論・経験社会学Ⅰ
├神話学入門
└神話と現代

B群科目(自然科学系)
├(神による)微分積分A・B
├物理学基礎論A(主に微分方程式やベクトル解析を用いた力学)
├物理学基礎論B(主に激ムズ電磁気(テストは高校レベル)
└礎情報処理(京大のthe God of Godsによる神がかり的な講義)

哲学基礎論Ⅰ、Ⅱ(前期Ⅰ、後期Ⅱ)担当:宮原


いわずとしれた科目。試験は期末レポート一発勝負。出席なし。
出席0でも優とれます。ちなみに僕は出席2回で優でした。
レポート試験は「おいしいカレーの作り方」で通るというのはもはや定説であるが、
いまだ体を張ってそれを調査した猛者は僕の周りにいない。
テキストは
図説・現代哲学で考える「表現・テキスト・解釈」 図説・現代哲学で考える「表現・テキスト・解釈」
宮原 勇 (2004/03)
丸善

この商品の詳細を見る

図説・現代哲学で考える“心・コンピュータ・脳” 図説・現代哲学で考える“心・コンピュータ・脳”
宮原 勇 (2004/09)
丸善

この商品の詳細を見る


(上:前期、下:後期)
を用いる。「当時」真面目な新入生だった僕は真面目にこれを買ったが、
単位をとるためだけだったら不必要。
内容的には、まぁまぁおもしろいので買ってみても損はないと思います。

(講義の1回目に出て名前を書かないと受講登録できないので注意!!!)



(前期)社会学基礎論・(後期)経験社会学Ⅰ 担当:吉田

講義URL:http://socio.k.kyoto-u.ac.jp/

前期と後期で名前を変えるが授業の進め方は同じ。
毎回出されるメールを用いた100字程度の公開アサインメント(小レポート)が出る、、、が
その課題はネットで公開されるので出席しなくても課題はできる。
このレポートは課題の内容に沿ったものなら
必ず満点を貰えるみたいなので必ず出すこと。
小レポートは12回全て出す必要はなく7回目からは点数にならない。
レポート課題は教科書
社会学 社会学
奥井 智之 (2004/07)
東京大学出版会

この商品の詳細を見る

現代文化を学ぶ人のために 現代文化を学ぶ人のために
井上 俊 (1998/11)
世界思想社

この商品の詳細を見る
(上:社会学基礎論、下:経験社会学Ⅰ)
から出されるので購入が前提となる。

以上の小レポート(30点満点)と期末レポート(70点満点)
の総合点であっさり単位が認定される。
レポートの課題は身近な題材が多く楽しい。
教科書も読み物感覚でサクサク読めるので◎。
ただ講義がかなり眠いのが難点×。

(こちらも1回目出席しないと受講登録できないので注意!!!)


神話学入門-神話と人間-(前期)担当:岩田

ギリシア神話などが聞けると思っていけばがっかりする。
内容はむしろ神話に絡めた哲学である。
授業は各々の思想家の「神話」についての主張を紹介していく。
哲学が好きな人はかなり良い講義。嫌いな人にとっては苦痛かもしれない。
(僕は結構好きでした)
試験は期末レポート一発勝負だが、何故かレポート課題が掲示板に出ない!
セメスターの真ん中か少し後くらいに発表されるから
単位が欲しいだけの人はそのあたりを狙ってチームを組み
交代で出るというのがいいかもしれない。

ただ課題の内容は毎年「講義中に紹介した思想家の著書を読み
それを要約し自分の主張をまとめる」と固定のようである。


神話と現代(後期)担当:岩田

前期の続きのような感じ。
成績評価も同じでレポート一発勝負。
ただ課題は前期とは違って、、確か、、
「現代における神話的表象の具体例を自分で一つ選びそれについて述べよ」
だったと思います。
こちらも課題は掲示されなかったと思うので注意!!

講義は↓の本『精神世界のゆくえ』島薗 進
精神世界のゆくえ―現代世界と新霊性運動 精神世界のゆくえ―現代世界と新霊性運動
島薗 進 (1996/09)
東京堂出版

この商品の詳細を見る
と殆ど同じ内容で進められているらしいです。
実はこの本、担当の岩田さんが名著と讃えるほどの本なのですが
もう絶版になっていて入手困難。
岩田さんがそのことをひたすら嘆いてらっしゃいました。
(どうやらamazonで若干数残ってるみたいですが…)

前後期ともに楽勝科目とまではいきませんが
普通にレポートやれば良は必ず出ます。




京大生活100・サイトマップ


B群

(神による)微分積分A・B 担当:米谷

微分積分学 (1985年) 微分積分学 (1985年)
岸 正倫 (1985/04)
学術図書出版社

この商品の詳細を見る

理系の学生は普通、微積を指定クラスで受けなくてはなりませんが
1回生で単位を落とし、再履修になった時はある程度融通が利きます。

で!!

もし再履にかかってしまったら絶対に米谷神の微積がおススメ!!
(「よねたに」じゃなくて「まいたに」さんです)
どうおススメか?それはテストを受ければ分かります。笑
なんせ、京大で残り少なくなってしまった神のひとりですから!!

物理学基礎論A 担当:篠本
力学 力学
植松 恒夫 (2002/12)
学術図書出版社

この商品の詳細を見る

授業はまぁ分かりやすいです。
テストもテキストの証明なんかをしっかりやれば、
1夜漬けでなんとかなるかもしれません。
(余裕を持たせたければ3日前くらいから始めたいところ)

出席は確かとらなかったと思います。確か期末テスト一発だったかと…
でも、期末テストはそんなに難しくないので
ぼちぼちとテキストを勉強しておけば優は軽いでしょう。

物理学基礎論B 担当:松田
物理入門コース 3 電磁気学 I 電場と磁場 物理入門コース 3 電磁気学 I 電場と磁場
長岡 洋介 (1982/01)
岩波書店

この商品の詳細を見る

京大入学以来もっとも理解できなかった講義。
講義はひたすら板書。
舌のまわりが非常に悪くほとんど聞き取れませんでした。

でも!ご安心!!
テストは高校レベルの電磁気なんですから!
(なんかホイートストンブリッジとか出てましたねぇ)

しかも出席なしの期末テスト一発勝負なんです!



京大生活100・サイトマップ














どうやら基礎情報処理はなくなった模様。。
(リサーチ不足かもしれませんが…)
京大からまた一人神がいなくなった

京大受験体験記 その2 (高3前半)

高3春からは理系の要、数学をメインに進めていくことに

1、数学チョイスシリーズ復習


2、大学への数学でアドバンスな内容に踏み込む



3、英語・化学・物理は塾のテキスト

運動部でキャプテンをしていたこともあり
夏の引退まではかなりしんどい日々が続きました
勉強による睡眠不足で顔は青ざめ、
クラブの練習による肉離れとシンスプリント
※シンスプリント:筋肉がすねの骨の表面にくっつき、それが離れる際に骨膜を剥がし取る怪我。
歩くだけで激痛走るんです!

心は疲れ気味で、高1から付き合っていた彼女とは徐々に心が離れて・・・

まぁ、何はともあれ、
クラブを引退して夏休みになってからは
かなり充実して勉強に取り組めました。

夏休み、朝はマク○ナルドで頻出英文法・語法問題1000

で文法・語法の総まとめ。

昼からは塾へ行き(受講科目は、英・物・化)
授業時間外は自習室に夜10時まで残りました。

ちなみに朝○クドナルドで勉強していたのは

1、テキトーな塾だったので朝自習室開いてなかった
あと
2、マクドナル○に美人のお姉さんがいた
という正当な理由あってのことです

夏休み、化学は難しめの過去問と実戦化学重要問題集


物理は難問題の系統とその解き方をやり続けました。


そんなこんなで、十数年ぶりに好調な阪神戦のテレビ観戦を
必死に我慢、、、、できないまま(笑)、夏を乗り切りました。

そして
第1回京大即応オープン A判定 成績上位者掲載
第1回京大実戦 B判定 

ほぼ独学にも関わらず、信じられないほど順調に進みました
「京大って意外と余裕じゃん♪」と調子に乗っていました


その後、秋も中盤に差し掛かった頃
一つの重大な問題にぶちあたりました。それは、、、



それは・・・・(その3)につづく・・・















京大受験体験記 その3 (高3後半)


京大OPと京大実戦で成績の良かった私は
センター試験をなめきっていました。

高3の10月に入るまで国語と地理全くやってない!!!
というより気付かぬふりでやり過ごしていただけなのですが。汗

言及していませんでしたが、実はそれまでマーク模試で
散々な結果を残してきたのは言うまでもありません。

取りあえず古文の助動詞は、、、

まじから/まじかり/○/まじかる/○/○

しか覚えていない
(MAJIKARA!MAJIKARI!mArU MAJIKARI mArUmArU! なんかラップ調で響きがおもしろかったから)

古文の単語も全く知らないという悲惨な状況からのスタートだったので

国語に関しては、10月頃から

1、ゴロ513(現在はゴロ565になっているみたい)

2、高校の古典文法書
3、高校の漢文テキストの句形
4、現代文:出口現代文入門講義の実況中継(上下巻)

だけ
わらをもすがるような思いで・・・


センター地理に関しては…これも10月から…

1、山岡の地理B教室(上下巻)


読み物感覚でどんどん読み進めることができます。まるで大手予備校の講義を聴いているかの様。
地理の知識0だった僕はこれである程度地理的な考えを習得できました。
ただセンター試験には細かい用語や地名は問われません。
あくまで「地理的な考え」を習得するのに用いました。

2、センター試験への道

過去問が単元ごとにまとめてあり、強化したいポイントを効率よく学べる優れモノ!
問題量が多いのでセンター地理の感覚を体に馴染ませるのに役立ちました。


そして統計などの厄介な暗記項目はゴロで済ませようということで
3、ジオゴロ

を地道にやっていきました。
センター地理はド暗記はあまり出ないといっても
ある程度統計などの傾向を抑えておく必要があります。
「統計とか面倒なヤツを覚えられるなら、邪道ゴロでも覚えてやるっ!」
という覚悟でやったのですが、
通学の電車の中でホントあっちゅう間に覚えられました。
これは隠れた名著であると、自信を持っておすすめします。

そうしてセンター試験対策にあけくれていたある日
第2回の例のあれが返ってきました。


京大即応オープン 京大工・工業化 B判定 うわっ、下がった↓
京大実戦 京大工・工業化 D判定  うそん↓↓↓


京大実戦見たときはもう破り捨てたろーかと思いました。笑
へこんでばかりもいられないので取りあえずオープンの結果だけを信じ

時はセンター試験へと近づいていきました。


年も明け、正月もフル稼働で動き、ついにセンター本番!!
ついでに京大工学部の配点を確認してみましょう

センター300点
内訳
地理 100点
国語 150点
英語 50点

二次700点

計1000点



中でもセンター国語の配点が思いの外高い!(まぁ二次試験で国語ないから仕方ないけど)
それだけに国語の試験本番中には、トイレ行ってしまうくらい緊張しました
(カンニングじゃないよ!!)


そして自己採点…

地理・・・88/100
国語・・・147/200

2ヶ月間、国語と地理しかやっていなかったにもかかわらずイマイチ。


さらに・・・


他の科目ズタボロ・・・
なんせこの2ヶ月間、地理と国語しかやってない・・・ 


英語・・・164/200

 
化学75点、物理60点台、数学も確か70点台と80点台・・・
目も当てられない…
夏の京大OP成績上位者になったということもあり、
センターは真面目に対策しなくても大丈夫だろうという慢心がありました。
そして京大工学部 後期足きり食らうことに。
センターなめすぎた↓↓これは最大の反省点です。

センターは慣れとテックニックが必要。
あとで触れますが、現役のこのとし。
僕は京大工学部に-1.84点で落ちてます (センター300点+二次700点=総点1000点)
おそらくセンターの漢字一問分とかいうレベルの差です。
この後悔は1年間重くのしかかりました。
もう一度言います。

二次は二次。センターはセンターです。
二次とれてもセンターとれません。
センター対策はお早めに!


センター後は地獄の国語からも解放されて
理数系の科目もどんどん本来の調子を取り戻してきました。

しかし・・・

非進学校に通う独学派として最大の懸念事項が・・・

学校でまだ「行列」やってない
(※1月中盤)
先生!仕事して下さい↓↓


結局、その前年に行列が出ていたので今年は出ないだろうと踏んで捨て
※のちにフラグたつ


ちなみにセンター以後の勉強は・・・

1、センター対策で落ちきった理数をなんとか元の水準まで戻す。
 (今まで使っていたテキストを用いた)

その後

数学:B5ノートの見開きを、本番の試験用紙に見立てて過去問を解く。
   この際の過去問研究は「大学への数学入試の軌跡/京大」を使用。

採点は高校の数学の先生にお願いしました。が、、、
生徒指導の仕事が忙しいと言われ、相手にしてもらえず・・・

それから基礎的な入試問題の良問が収録されている
「大学入試攻略数学問題集」で最終調整に入りました。


物理・化学・英語はこれまでのテキストの見直し+赤本で済ませました。

これで(行列以外は)順調に仕上がりいざ二次本番へ!

工学部4号館(現在は法科大学院にのっとられた)前に集合し試験開始。

するとかなり厄介な事が、、、


行列が出とる・・・
オワター



もちろん捨てました。
まぁ、なんとかなるだろう!
(※結果なんとかなりませんでした)


一方、英語、物理、化学はかなり順調でした。



そして試験後、、、
解答速報が出ました。
そこにはご親切に、受験のプロによる解説文が掲載してあります。
それによると・・・




行列は本年度最も易しい問題。
これを落とせば合格はままならない。




取りあえず見なかったことに。笑



勇気を振り絞って(大まかに)自己採点してみたところ、、


数学:4割ほど

理科:6~7割ほど

英語:5割あるかな?




予想得点は600点弱。
(前年の合格最低点が確か500点台前半)



受かったんちゃう!!??



とのんきな私は
発表が出る前に第一種普通自動車運転免許を取りに行くのでした。笑




(その4)につづく・・・







京大受験体験記 その4(二次試験後~浪人)

後期足きりを食らっていたので前期試験後は思いっきり羽を伸ばしました。
卒業式には友人達とわいわいやったり、
クラブの卒業旅行の幹事をやったり、
免許を取りに行ったり、、、

でもやっぱり、どこか不安を抱きながら毎日を過ごしました。


そして合格発表。
郵送でも見れたのですが、大阪環状線と京阪電車を乗り継ぎ
実家から2時間かけて直接掲示板を見に行きました…
工学部8号館の掲示板の前には、受験生と応援団の群衆が・・・
「センターと行列ミスったけど受かってるはず!」
しかし・・・


あ、、、落ちた、、、



自分ではある程度自身があったのでさすがに途方に暮れました。
これから1年何を勉強すればいいのか分からなくなりました。

取りあえず、4月初旬までに大慌てで免許をとり
某予備校S台にお世話になることにしました。



その後・・・
予備校生活にもやっと慣れてきたある日、
京大から1通の葉書が届きました。
そして、その内容に愕然としました。




総点:594.66点

合格者の最低点:596.50点


……
1.84点届かず…




この時、固く心に誓いました。


「来年は、絶対得点通知頼まん!」と…笑


一気に脱力感に見舞われました。
それでも、何もやらないわけにはいきません。


気分を入れ替えて一日中予備校にこもる日々が続きました。
ある日は一日の会話が


「おはよう」


の一言だけの事もありました。
独り言が多くなりました。笑
高1から付き合っていた彼女にふられましたwww



それから、、、
前年までにある程度の実力をつけていたので
前期の模試は軒並みA判定をとりました。

第1回京大即応オープン B判定 (ケアレスミス多し!)
第1回京大実戦 A判定 (成績上位10番以内に掲載!)
S台 東大・京大理系クラス 前期総合成績5番以内 (京大志望の中では首席)


後期も順調に割と進み・・・


第2回京大実戦 B判定
阪大実戦 A判定 首席
※去年京大後期足切りくらったため、びびって後期は阪大を志望


受験ストレスと必死に戦いながらも年を越して、
恐怖の大王 センター試験 おっちょこちょいのためやはり苦手!
前年ほどまでは悪くなかったが、かなりいまいち。

国語:144/200点 (ダメだ…)
地理:98/100点 (ほぼ満点!)
英語:170/200点 (こちらも、、なんか、、、いまいち、、、)


自己採点で777/900点



「スリー7!。。。ウキウキ♪」


センター後になっても、ひたすら予備校の自習室にこもりました。


そしてついに二次本番。


去年と同じように
応援団の人に励まされながら京大に乗り込み試験開始!


数学:3完1~2半でまずまず


化学:かなり易化。恐らく8割くらい。


英語:こちらも易化。点数は・・・多分5割くらい?


物理:4割・・・・・!?全然できんかった・・・




以上で予想得点は630点ほどで何とか安全圏に。





そして、合格発表。

去年のトラウマで掲示はさすがに見に行きませんでしたが。笑



安全圏と予想しても、あくまで予想は予想であって、、、




レタックスと2時間くらいにらめっこしました




そして極度の興奮状態の中レタックスを開封







合格!







こうして、高2から数えて3年越しの願いが叶ったのでした。。。



受験とは無縁でも、何も能力がなくても
高2から必死に勉強すれば京大生になれるんです!(浪人しましたが。汗)

以上が私の京大受験体験です。
この中には京大合格も勿論ですが、京大実戦や京大OPで成績上位者になった成功体験や
センターや二次の行列を捨てたことによる大失敗体験も赤裸々に綴ったつもりです。
これらを参考に是非あなたなりのストラテジーを考えて下さい。
きっと京大現役合格も夢ではないと思いますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。





思えばいろいろ行ったもんだ…

以下主観に基づいたものでありますのでご了承ください。
まだまだ突撃レポート予定!

※満足度:★×4…すばらしい!
       ★×3…良い
       ★×2…まぁ可
       ★×1…ちょっとなぁ…
       ★×0…もう勘弁してつかぁさい!



おらんじゅ
満足度:★★★☆

百万遍北西角あたりにある喫茶店。
定食は600~800円ほどの価格設定。
かぼちゃの煮つけ、味噌汁、漬物、ごはん(大盛り)、おかず、サラダ
の付いた日替わり定食は600円。
量は某中華料理屋「ば○」を彷彿とさせるものである。
ドライカレーや、オムライスなどの単品もばかでかい。
しかし、それでいてお味の方もまぁまぁいけるのは有り難い。
喫茶店らしく水がほんのりレモンの香りがするのも○。
単品は量が多いので後半で若干飽きます。



玄米のお弁当
満足度:★☆☆☆

百万遍・石垣前の名物(?)弁当屋。
前を通りかかると
「げーんまーいのー、おべーんとー」
と声をかけられる。
お弁当は僕が買った時は2種類
(玄米弁当・イタリアンちらし、各400円)あって、
僕はノーマルの玄米弁当を食しました。
確かにまずかぁ無かったですよ。健康にもよさそうだったし。
ただ、個人的にあまり好きになれず、
二回目はもういいかなと思いました。




将月
満足度:★★★★

東大路から御蔭通りを東に入ってすぐにある将月。
3、4人以上で行くなら絶対「ジャンボ~」を頼むとお得。
この前は、4人で
ジャンボ塩そば、ジャンボモダン、生ビール(ピッチャー)
頼んで確か一人1000円くらいで済みました。
ほんとにジャンボなんでこれだけで結構おなかいっぱいになります。
それにお味のほうもなかなかgood。

味と値段のバランスがすばらしいということで★4つです。



末廣食堂
満足度:★★☆☆

ちょっと場所は表現しづらいんですが、
吉田南の南側にあるファミマを
更に少し南へ行ったところです。
ぱっと見は普通の民家です。従って非常に入りにくいです。
が、一度入ってみると結構客がいて一安心。

メニューは多くありませんが、500円か600円くらいで
いい意味でも悪い意味でも
全く期待を裏切ってくれない定食が出てきます。
味もまあまあ。値段もまあまあ。もう少しパンチがほしい。

というわけで★2つです

S屋・M屋(すき家、松屋)
満足度:★★★☆

S屋は百万遍北西角、M屋は百万遍南西角あたりにあります。

なぜ★3つかというと、ただひたすら「安い」からです。
貧乏人のオアシスです。

スパイシー
満足度:★★☆☆

百万遍北東角。
まぁ普通のカレーでした。それ以上の感想が出てこないので★2つ。


中央食堂
満足度:★☆☆☆

工学部8号館地下にある食堂。受験時には受験生が殺到する例の食堂。
値段もそこそこ安いし、味もひどいわけではないけど、、、

なぜ、あんなに暗い!?なぜ、床が便所のタイル!?
なぜ、壁のひびからから水がこんこんと湧き出てるの!?

ということで少し辛目の★1つ。


ハイライト
満足度:★★★★

百万遍と北部キャンパス正門の間くらい。
値段の割りになかなかのボリューム。
ご飯がどんぶり鉢のような茶碗ででてくる。

メインのおかずとご飯と味噌汁がついて490円~。
金曜日に行くと、100円割引券がもらえてかなりお得。
おススメはジャンボチキンカツ定食(590円)


鷭(ばん)
満足度:☆☆☆☆(人によっては★×5か!?)

東一条沿いにある鷭(ばん)。
人によってかなり評価が分かれます。とにかく「大盛り主義」
200円台で吐くほど食えます。しかし味は…

我こそはと思う猛者は天津飯の大盛りにチャレンジするべき。
あまりのボリュームで、中華鍋で調理中のおやっさんが骨折したほど。
ただ大盛りを残すと怒られるらしいです。


ひらがな館
満足度:★★★★

御陰通り沿い。北部キャンパスの北門の向かいにあります。
値段は700~800円台と少し高めの設定であるが、
味・量ともにexcellent。

コース料理みたいにサラダやスープが順に出てくるのも好印象。

財布に余裕があるときはぜひ立ち寄りたい一軒。


MADOI
満足度:★☆☆☆

百万遍ローソン横の路地を入ったところ。
値段は確かひらがな館と同じくらいの設定。
だが量がめちゃ少ない。かと言って、めちゃおいしいわけでもない。
料理が出てくるまでに昼休みが終わりそうになる。

などの理由で★1つです。


まるさん食堂
満足度:★☆☆☆

吉田南近くのファミマを少し南に行ったところ。
末廣食堂のはす向いあたり。
客が少なく非常に入りづらい。
そして店内は中央食堂の比じゃないほど暗い。
味はまぁそこそこ。量も多いほうだと思う。
僕が食したコロッケ定食は500円で、
ご飯、味噌汁、冷奴、コロッケ、サラダがついてきた。

でもなんかねぇ、店内は不思議な香りがするんですよねぇ。
別に臭いっちゅうわけじゃないんですけど。。。
あまりいい臭いではない。
そして何故か座敷の畳が黒い。(カビか?)
その辺気にならなければ、
味も値段も量もそこそこなのでよいかと思います。
少し辛目の採点だが、★は1と2の間くらいということで・・・


モス
満足度:★★★☆

百万遍北東角。
このうまさと高級感、マク○ナルドなんて足元にも及ぶまい。
その分値段はそこそこはる。500~700円の出費の覚悟が必要。
個人的にモスチーズバーガーのオニポテセットがおすすめ。

味では★4つつけたかったが、値段と量とのバランスで★3つです。



龍馬
満足度:★★★☆

百万遍南西角あたり。
ラーメン各種500円にご飯の無料サービスが嬉しい。
ラーメンはそんなにうまいわけではないがまずくは無い。
量と値段の兼ね合いとご飯の無料サービスがあるという点で★3つ。

おススメは京風白味噌ラーメンか、塩ラーメン。


ルネ
満足度:★★☆☆

京大生の昼食としてはまず無難な選択。
晴れの日のお昼はすぐに席が埋まるので注意。

あと、、、
「冷しきしめん天カスに」入ってるあの天カスの固さは
どーにかならんのですか??(といいつつもよく食べる。笑)


京大生活100・サイトマップ

topへ戻る




おすすめ
受験化学を極めるための一冊!
理系白書 この国を静かに支える人たち
理系白書 /講談社
価格:¥600
文・理系問わずオススメ! 
文系の方は、理系人の 
意外な一面に触れて下さい。 
理系の方は将来進むべき道の 
ヒントを得られることでしょう。 
英文法の基礎はこれ一冊でOK!
京都大学 日本一周バイクツーリングに行こうよ

相互リンクPRO
相互リンクNAVI
相互リンクなら相互リンクサーフ!
@相互リンク
ネット証券@オンライントレード
新築マンション、分譲マンション
相互リンクの知恵
相互リンクドクター!アクセスアップ
ブログランキング
rakutenn
日本一周バイクツーリングに行こうよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。